コンテンツへスキップ

冷え性は不妊を招くと言われています。体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、正常なホルモン分泌ができず卵巣・子宮の機能が低下することにつながります。このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。血流のわだかまりを解消し、自律神経の働きを促し、リラクゼーションも期待できます。冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。妊活中の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。上の子が男の子でしたし、女の子が欲しいと主人と話していたからです。本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けにチャレンジしました。無事に妊娠し、うれしいと同時に性別が判明する時までは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。妊活を行う場合、特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だと思います。普段から妊活を頑張っている方は、大げさかもしれませんが、今日にでも妊娠の可能性があるという訳です。ですから、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的な食事を心がけましょう。中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前から赤ちゃんを授かっているのです。早い段階で胎児に十分な葉酸を与

えることが出来るよう、食事やサプリ等に気を配ってみてください。妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方もいらっしゃいますよね。仮にサプリメントを摂っていないとしても、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。ですから普段食べる機会の多いホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。ですから、普通の食生活を送っていれば、葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。葉酸は加熱によって失われやすいため、食材を調理して摂取しようと考える場合には気を付けてほしいポイントがあります。葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。熱を通す必要があるならば、長時間の加熱は避けて、早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。こうした調理がめんどくさい、または自由に食事したい、と考えるならば、サプリを活用すれば簡単ですから、おススメです。なんとなく不妊を疑いはじめたら、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。平均体温と基礎体温は違います。基礎体温を見ると女性の体の状態がある程度推測でき、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。普通の体温と違って基礎体温は、毎日、起床時に体温を測るというお約束がありますから、習慣的に続けていくことが大事です。一日忘れても根気よく続けていきましょう。

妊婦に様々な効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。副作用として体にあらわれる症状としては、吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。ですが、それでかえって良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、気を付けてください。理想としては、1日3食の食事で葉酸を十分に摂取する事です。しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。葉酸サプリを活用すれば、摂取量も誰でも管理できるので、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には葉酸サプリをおススメします。妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、日本の行政機関である厚生労働省も妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿などに混じって排出されています。ですから、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、規定量を必ず確認しましょう。意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。

亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。なぜかと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。妊活中の男性にも効果があります。それは、亜鉛の摂取によって精子の量を増やし、質の高い精子の生成を手助けしてくれるという訳です。健康な赤ちゃんを授かることの出来るように、夫婦での亜鉛摂取を試してみてください。「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。果物では、代表的なものにイチゴやライチがあると発表されています。または、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、ジュースで補給するのも良い方法だと言えますね。今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性はご家庭での普段通りの食事に加え、葉酸を補給することを厚生労働省によって勧告されています。

葉酸を十分に摂取することで、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時はサプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、無添加の葉酸サプリメントを見極めることも心掛けたいですね。妊娠初期(妊娠前1ヶ月~妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。赤ちゃんが健やかに育つように、サプリメント等で葉酸を摂取し、葉酸不足に陥らないようにしてください。さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日あたり0.4mgとなっています。さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとすると大変だと思います。足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。

赤ちゃんを授かっている時はもちろん、それ以前の妊娠を計画している期間においても必要な葉酸なのですが、普段の生活を送っていると、十分に摂取できないという悩みも良くあると思います。こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。それがサプリによる葉酸の補給です。容易な摂取が可能ですから、食事での葉酸摂取に不安がある方も大丈夫なんですよね。葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きがありますので、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取がお勧めです。サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、食後30分以内の摂取が理想的です。なぜなら普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸の働きを十分に生かすことが出来るでしょう。それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、胃が荒れるという報告もありますから、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することでお腹の中の赤ちゃんの先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が判明しました。そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品の認定を受けているものもあり、妊婦が利用する場合も多いそうなんです。

葉酸サプリもいろいろ種類がありますが、私はAFC葉酸サプリ(mitete葉酸サプリ)が気に入っています。購入はこちら⇒mitete葉酸サプリ